ブログ運営

ブログアフィリエイトの5つの失敗談【やらかしたわ】

どうも。ソウスケです。

ブログを1年半ほど運営してきました。

現在では月40,000PV、月10万円以上稼ぐことができています。ですので、初心者に参考になるような情報は発信できるはずです。

今回の記事では、アフィリエイトの失敗談をまとめました。

僕のような失敗をしなければ僕より早いペースで稼げると思うので、初心者の人はぜひ参考にしてみてください。

僕のブログアフィリエイトの失敗談5つ

僕のブログアフィリエイトでの失敗談は、次の5つです。

  • 書きたい記事を書いていた
  • 無料ブログで始めてしまった
  • 収益記事を書いていなかった
  • 稼げないジャンルで戦っていた
  • ツールへの投資をケチってしまった

書きたい記事を書いていた

結論、自分の書きたいことよりも、ユーザー目線に立って記事を書きましょうということです。

  • どのキーワードを狙うのか
  • 誰のどんな悩みを解決するのか

ひとまずこのあたりを考えつつ記事を書くといいでしょう。これらを考えておけば、少なくとも需要のないポエムを書くようなことはなくなると思います。

僕は初心者の頃に、自分らしさを出そうとしたり、差別化を意識しすぎて寒い記事を量産したりしていました。

しかし、これではユーザーにもグーグルにも評価してもらえません。

変に差別化を意識するのはよくなくて、むしろうまくいっている人と同じように発信していったほうが稼げたりします。

ソウスケ
ソウスケ
稼いでないのに自分らしくあろうとしちゃダメ。

稼ぐために記事を書くのであれば、基本の型にとにかく忠実でありたいですね。

無料ブログで始めてしまった

僕のブログデビューは、現在利用しているワードプレスではなく、はてなブログという無料ブログだったんですよね。

ぶっちゃけ、無料ブログで始めてしまったのが最初の失敗でした。

アフィリエイトで稼ぐためにブログを運営しようと考えているのであればはてなブログはおすすめしません。

理由としては、下記の通り。

無料ブログをおすすめしない理由

  • SEO的にあまりよくない
  • デザインのカスタマイズができない
  • サービス終了or収益停止のリスクがある

最初はちょっと大変かもしれませんが、自分でサーバーを借りてワードプレスでブログを書き始めるようにしてください。

ソウスケ
ソウスケ
あとから引っ越すのまじめんどくさいからね。。

収益記事を書いていなかった

稼ぐためのアフィリエイト記事をしっかり書きましょう。

稼ぐための記事を書かないとPVがいくらあっても副業としてはイマイチですからね。

ブログの記事には、次の2種類あるということを意識しておくといいでしょう。

  • 収益記事→商品やサービスをおすすめする記事
  • 集客記事→読者を集めるための記事

僕は収益記事を書かなかったことでアフィリエイトが発生しない時代がわりとあったんですよね。

これ、めっちゃ後悔しているので、アフィリエイト記事を積極的に書くことをお勧めします。

稼げないジャンルで戦っていた

稼げないジャンルについては、下記の2パターンをイメージしてみてください。

  • 需要がないジャンル
  • 競合が強すぎるジャンル

需要がなくて、売る商品がないジャンルでNo.1をとっても稼げるようにはならないですよね。

逆に、難易度の高いジャンルに参入しても初心者はなかなか勝てないです。

たとえば、僕の場合だと出会い系アフィリエイトを別のブログでやっていたんですけど、いかんせん競合が強くて難しかったんですよ。

稼げないジャンルだと気づいたら、サクッと別のジャンルに方向転換する勇気が大事です。

アフィリエイトは参入ジャンルがかなり大事でして、ジャンルを変えただけで稼げる度も結構変わるはずですよ。

ツールへの投資をケチってしまった

お金をかけまいとして、ツールなどをケチってしまったのは失敗でした。

具体的には、有料のワードプレステーマや、RankTrackerのような検索順位チェックツールなどですね。

とくにアフィリエイトは分析・改善が大事。ツールを導入して分析するのはマストです。

アフィリエイトの失敗談まとめ

今回、ブログアフィリエイトの失敗談を一通り書いてみました。

成功事例から学ぶのも大事ですが、失敗パターンを避けるように意識することも非常に大事なことです。

ぜひ今回書いた失敗談を参考に、正しい努力でもってブログアフィリエイトに取り組んでください。

本が一冊無料で聴ける!?

Audibleは、アマゾンが提供する音声読書サービスです。

「忙しいけど、知識投資したい、、。」というあなたにおすすめ。
通勤中や寝る前、お風呂タイムに聴き流すだけでOKです!

今なら最初の1冊を無料で聴くことができるので、この機会にぜひ試してください。

詳細ページ公式ページ