ブログ運営

文章力がない人でもブログが書ける理由【読まれる文章のコツも解説】

こんにちは。ソウスケです。

私は文章力が無いからブログが書けない、、。」と思っている人は結構多いのではないでしょうか?

結論、文章力が無いからブログができないなんて大間違い。

ぶっちゃけ、ブログに文章力なんて大して必要じゃないですからね。

今回の記事では、文章力がない人でもブログを書ける理由と、どんな文章を書けば良いかといったことを解説します!

ソウスケ
ソウスケ
LINEでコミュニケーション取れるくらいならOKよ。

文章力がない人でもブログができる理由

文章力が無い人でもブログが書ける理由をまとめました。

  • うまい言い回しは必要ない
  • あえて崩した文章の方が印象に残る
  • 書いていると勝手に上手くなっていく

うまい言い回しは必要ない

ブログ運営するにあたって、文学的な表現やうまい言い回しは必要ありません。

文学性よりも、情報をわかりやすく伝える力の方が大事です。

ブログはどちらかというと本よりも雑誌に近いと理解しておくといいでしょう。

あえて崩した文章のほうが印象に残るから

ブログの文章は綺麗すぎるものよりも、あえて崩れているほうが印象に残ることがあるんですね。

例えば、ブロガー界の重鎮マナブさんのブログ「manablog」の文章って、わりとクセがありますよね。

ですが、そのクセがファンを増やしているとも言えて、マナブさんの文体を真似しているブログも結構多いです。

書いてると勝手に上手くなっていく

身も蓋もない話ですが、ブログは書き続けていると勝手に上手くなっていきます。

僕はもともと文章力が皆無でしたが、記事を書いていくうちにどんどん改善されていくんですよね。

過去に書いた記事を読むとふつうに死にたくなりますが、それも成長した証拠です。

ブログにおける良い文章の特徴とは?

文章力よりもブログに大切なことがあります。

ここでは、ブログにおける良い文章について2つだけ特徴を解説します。

読者に共感できている文章

ブログに大切なのは共感です。

なぜかというと、ブログの記事は「読者の悩みを解決するもの」だからです。

美しい文章とかはぶっちゃけどうでもよくて、読者が欲しい情報を良いタイミングで出してあげるっていう、共感力のある文章が良い文章と言えます。

ソウスケ
ソウスケ
よく聞くユーザー目線ってやつね。

自分の実体験がのった文章

面白いブログってなんだと思いますか?

僕は、面白い経験をしていたり、面白い生き様をしている人の書くブログだと思うんですよね。

良いブログ記事を書くためには、あなたの生き様や知識がとても大事になってくるんです。

ブログで読みやすい文章を書くコツ

ここからは補足として、ブログでストレスのない文章を書くコツを5つまとめました。

いちおう頭の片隅に入れておくと文章が書きやすくなりますよ。

  • 語尾は揃えない
  • こそあど言葉を控える
  • 読点「、」は1文に2度まで
  • 1見出しに文章を入れすぎない
  • 音読して違和感がないかチェックする

ソウスケ
ソウスケ
基本、書いた後に音読して変じゃなかったらOKよ。

語尾は揃えない

語尾を揃えてしまうと読みにくい文章になります。

たとえば「です」「ます」など、同じ語尾を繰り返してしまうとテンポが悪い文章になってしまいます。

いま試しに「ます」で繰り返してみてますが、結構イライラすると思います。

こそあど言葉を控える

なるべくこそあど言葉を控えるように意識しましょう。

ブログの文章は最初から最後までしっかり読まれているとは限りません。

おいしいところだけ拾い読みしている人も多いんですね。

拾い読みしている人のために、固有名詞を使うべきところは固有名詞を使うといいでしょう。

読点「、」は1文に2度まで

ブログで書く文章はなるべく短いほうがいいです。

「、」が1文のなかに3回続いてしまうようなら文章の見直しが必要がと考えておくといいですよ。

1見出しに文章を入れすぎない

1見出しに文章を入れすぎないようにしましょう。

ひとつの見出しの中に入る文章が多すぎると読みにくくなるからです。

僕の場合、h3タグ(中見出し)あたり平均して3文、多くても5文以内には収まるように文章を書くようにしています。

音読して違和感がないかチェックする

ブログを投稿する前に、一旦自分で音読するといいですよ。

先ほども書いたように、ブログの文章は話し言葉のようになることが望ましいです。

黙々と書いているだけではわからなかった違和感も、音読することによって見つけることができます。

ブログは文章力がない人でも書ける!

結論、ブログは文章力がなくても書けます。

今回紹介したコツを踏まえつつ、まずは1記事書いてみるといった姿勢が一番大事だと思います。

最初は筆が進まず萎えることもあるかと思いますが、慣れれば確実に上達していきますよ。

以上、参考になれば幸いです。

本が一冊無料で聴ける!?

Audibleは、アマゾンが提供する音声読書サービスです。

「忙しいけど、知識投資したい、、。」というあなたにおすすめ。
通勤中や寝る前、お風呂タイムに聴き流すだけでOKです!

今なら最初の1冊を無料で聴くことができるので、この機会にぜひ試してください。

詳細ページ公式ページ