ライフハック

マインドフルネス瞑想の効果と感想!半年やってみたけどやる価値ありです

こんにちは。ソウスケです。

マインドフルネス瞑想を初めて、気付いたら半年が経過しておりました。

そこで今回の記事では、マインドフルネス瞑想は本当に効果があるのか?やってよかったのか?僕の体験談を書いていきます。

そもそもマインドフルネス瞑想とは?

マインドフルネスとは「いまこの瞬間を大切にする生き方」のこと。

んで、マインドフルネス瞑想っていうのが、マインドフルな状態になるための練習みたいなもので、呼吸に注意を向ける瞑想法のことですね。

どうやってやるの?

マインドフルネス瞑想の基本的なやり方はシンプルです。

マインドフルネス瞑想のやり方

  1. 姿勢を良くしてじっと座る
  2. ゆっくり鼻で呼吸をし、その呼吸に意識を向ける
  3. 意識がそれたらゆっくり呼吸にもどす
  4. 時間が来るまで続ける

ちなみに、やり方がわからなくてもタイマーで時間を測りつつ音声ガイダンスで指示してくれる瞑想アプリがあるので、実践しながら学ぶことができるので大丈夫。(僕も基本アプリの言いなりで瞑想しています)

コツは呼吸をじっと眺める、呼吸がそれても善悪の評価をせず、事実だけをじっと眺めてあげる、ということです。

いざやろうとすると難しくて、瞑想中に仕事のことを思い出しちゃったり、気がかりなことを考えちゃったりします。

この気がそれてしまうというのを受け入れて呼吸に注意を戻す訓練によって「現在に集中できる」マインドフルな状態になれるというわけです。

メリットは?

マインドフルネス瞑想には無数のメリットがあるのですが、よく言われているもので個人的に効果を狙っているものが以下。

マインドフルネス瞑想のメリット

  • 集中力の改善
  • ストレス解消
  • 睡眠の質の向上
  • 緊張や不安に強くなる
  • 感情のコントロールが上手くなる

いつやっているの?

もっとも日課にしやすいのが僕的には寝る前だったので、基本的には寝る前に行うようにしています。

とりあえず短くても毎日やることが重要なので、1分でも良いので小さく習慣にしていくことが大事です。(僕はたまに忘れますがほぼ毎日やってます)

マインドフルネス瞑想をやってみた効果・感想

ここからは僕が半年間マインドフルネス瞑想をやって気付いたことをまとめていきます。

リラクゼーションとして楽しい

まずリラクゼーションとして楽しいですね。修行みたいなつらいものではなかったです。

アプリを使って瞑想をやると、自然の音や女性の綺麗な声が流れてくるので、癒される系でよきですね。

集中力は上がった気がする

気のせいかも知れないですけど、たぶん集中力は上がりました。

特に感じる場面が本を読んでいるときで、文章から意識がそれたときに呼吸に戻すのと同じ要領で意識を文章に戻せる感じがあります。

確かに、瞑想では意識を特定の場所に戻す訓練をしているわけで、それもそうかという感じですかね。

不安・ストレスとの向き合い方が変わった

不安・ストレス対策にも瞑想は非常に効いております。

瞑想をやってからは「不安」という感情を俯瞰できている感じがします。

「胸がキュッと締まる感じがするなあ」みたいに他人事な視点を手に入れた感じです。

夜ストンと寝れる

この半年間、「寝れない」で悩んだことは一度もないですね。

音声を聞きながら寝落ちしたりしているので、寝るルーティンを作ることができるという副次的なメリットもありそうです。

マインドフルネス瞑想の感想まとめ

結論、瞑想はやって良かったと思いますし、これからも継続していくつもりです。

最初聞いたときは、「瞑想ってwww」と半信半疑でしたが、本を読んでいると科学的根拠がしっかりあって、何かと興味深いのがマインドフルネス。

もし気になった人は挑戦してみてください。

本が一冊無料で聴ける!?

Audibleは、アマゾンが提供する音声読書サービスです。

「忙しいけど、知識投資したい、、。」というあなたにおすすめ。
通勤中や寝る前、お風呂タイムに聴き流すだけでOKです!

今なら最初の1冊を無料で聴くことができるので、この機会にぜひ試してください。

評判・感想はこちら公式サイトはこちら