副業

新卒は副業しよう!スキルと心の余裕を両方ゲットするポイントとは?

こんにちは。新卒副業サラリーマンのソウスケです。

新卒入社おめでとうございます。

早速ですが、次のような壁にぶち当たっていませんか?

  • 新卒1年目だけど、お金がなくてしんどいな。。
  • 新卒1年目だけど、副業をやるのってあり?
  • 将来に向けてスキルや収入源が欲しいな。

僕も新卒ですが、正直めっちゃ感じることであり、同期ともこういう話題は盛り上がります。

そこでおすすめなのが副業。月5万円の収入UPを目指すのであれば、ぶっちゃけ昇給よりも副業のほうが楽です。

今回の記事では、新卒サラリーマンが副業をすべき理由と意識すべきことをまとめました。

僕は実際に新卒1年目から副業に取り組んでいて、副業で月10万稼いでいます。参考になる部分があれば嬉しいです。

新卒が副業をすべき理由

新卒1年目からでも副業をすると安心ですよ。

副業をすべき理由としては、下記の3つです。

新卒でも副業をすべき理由

  • 初任給では余裕がないから
  • 昇給は来年になってしまうから
  • リスク分散しないと将来が不安だから

では、一つずつ見ていきましょう。

初任給では余裕がないから

一般的な企業の初任給は20万前後。手取りにすると17万円くらいですかね。

もちろんこれで十分だと言う人もいるでしょうが、都内でこの金額だと結構生活が厳しいのではないかと思います。

都内で一人暮らしを始めると仮定すると、固定費だけで10万円はかかります。

内訳は、ざっくりと下記の通り。

  • 家賃→6万円
  • 食費→3万円
  • 水道光熱費→1万円
  • 通信費→5,000円

これにプラスして変動費をあわせていくと、結構厳しいことがわかります。

  • 飲み会代→1万円
  • 書籍代→1万円
  • 洋服代→1万円

変動費をがっつり削ってやっと残るお金が月3万円っていう。

これでは不安ですよね。将来への自己投資もままならないと思います。

昇給は来年になってしまう

かといって「新卒だから初任給が安いのは当たり前!昇給するから大丈夫!!」と楽観的になれる人は、意外と多くないのかなと思います。

昇給できるのは一年後ですし、昇給幅も生活にインパクトがあるレベルかというとそうでもないっていう。

下記は平均的な新卒の昇給額ですが、だいたい月¥3,000~¥4,000です。

新卒の昇給額はどの程度でしょうか。 大企業と中小企業では、昇給額に違いがありますが、一般的には、前年給与の1.5~2%程度が目安になります。 初任給が20万円と仮定すると、3,000円~4,000円程度が新卒社員の昇級の目安になるでしょう。

【昇給っていくら?】雇用形態によって違う?昇給の平均額について解説

僕は副業を一年半ほどやってきたのでわかるのですが、このぐらいの昇給額であれば副業を3ヶ月もやれば到達できます。

リスク分散しないと怖いから

収入源は分散すべきです。

会社からクビを切られる可能性はゼロではありませんし、会社が激務であなたの精神を病んでしまう可能性だってあるわけですよ。

会社がブラックだった場合、収入源がその会社のみだとなかなか辞めづらいですが、副収入があれば転職や独立を選択肢に入れる心の余裕を持つことができるでしょう。

不測の事態に備えて、他の収入源を持っておくのが自分の身を守るために必要なんです。

新卒が副業するときに意識するべきこと

新卒が副業をやるにあたって意識すべき点が2つあります。

  • スキルとして残る副業をする
  • できれば本業との相乗効果を狙う

スキルとして残る副業をする

将来スキルとして残るような副業を選ぶといいでしょう。

副業と勉強を兼ねて行っていけば、目先のお金以上に大きなリターンを得ることができます。

たとえば僕はブログやTwitterを運営することでお金を稼いでいますが、残るスキルとしては下記の通り。

ブログやTwitterで残るスキル

  • Webライティングスキル
  • Webマーケティングスキル

Webからお客さんを集めて価値を提供するので、わりと最先端な稼ぎ方が身につくというわけです。

できれば本業との相乗効果を狙う

身に付けるスキルは、できれば本業と相性の良いものであると最高ですよね。

どうせ本業のために学習を行うのであれば、副収入を得てしまいましょうという考え方です。

たとえば、僕がやってるブログアフィリエイトであれば、web系で働いている人はもちろん、営業マンをしている人と相性がいいでしょう。物を売るトーク術があればアフィリで稼ぎやすいですからね。

自分で事業をやってみると学んだことが残酷なまでに結果に反映されるので、学習効果も高いですよ。

サラリーマンだと仕事ができなくてもいちおうお金がもらえるので、自分のやっていることが間違っていても気付きにくいはず。

ソウスケ
ソウスケ
志高き社員は全員副業やる説。

副業は新卒1年目から始めて差をつけよう

結論、新卒は副業をやりましょう。

お金のない人はもちろんですし、将来のスキルアップを考えている人も副業しといたほうがいいでしょう。

年々注目されていますし、なるはやで取りかかって損のない分野です。

本業×副業で戦っていけば、1年後にはかなり人生良くなっていくはず。差をつけるならここですよ。

今回は以上です。下記におすすめの記事を載せておきましたので、ぜひ副業を始める参考にどうぞ。

本が一冊無料で聴ける!?

Audibleは、アマゾンが提供する音声読書サービスです。

「忙しいけど、知識投資したい、、。」というあなたにおすすめ。
通勤中や寝る前、お風呂タイムに聴き流すだけでOKです!

今なら最初の1冊を無料で聴くことができるので、この機会にぜひ試してください。

詳細ページ公式ページ